2015年12月31日木曜日

2015年もお世話になりました



2015年最終日。

昨日釣ったアジで昼から舌鼓。

皆様,
2015年はお世話になりました。

今年は昨年に増して釣り率の高かった1年ですが、来年も同じような感じでいこうかと思いますw


釣り納めはアジングドラグ独奏曲



アジング楽しいぜフォーーーーーーーー!


2015年12月29日火曜日

腰巻きライジャケがほぼ最終形に



モーニングで食べたアジフライトーストが絶品でした。

またやろう。

さて、今日は休竿日につき、最近施した腰巻きライジャケの改造の話を。


2015年12月28日月曜日

呼子方面でアジング Day 3



今日(12/28)は休竿日(きゅうかんび)にして明日(12/29)にまた釣りに行く予定やったけど、

明日の晩ご飯は鍋やから夜間外出禁止令

が発令。

そんなわけで、今日行って明日休竿日に。

場所は最近好調な呼子方面。

キーパーサイズを15cm以上に下げて、いったい何匹釣れるかを試してみることに。

とはいえ、昨夜から急激に冷え込んでおり、ここ2日間と同じではないだろう、という予想はしてた。

よくなるか悪くなるか。

18時に開始して、19:30には納竿、21時過ぎには帰宅(家に着く)したいところ。

ドキドキワクワクしながらの二丈浜玉道路での気温系は6℃。昨日11℃やったから、かなり冷え込んでるね。


2015年12月27日日曜日

呼子方面で2匹目のどじょう狙いアジング


本日もアジングやるって決めてたので。

鷹島か呼子か悩んで、クルマ走らせる段階ではほぼ鷹島で心が決まってたけど、二丈浜玉道路を走ってるうちに、昨日の釣れ方が再現するのか試したくなってやっぱり呼子へ。

レンジを探るアジング


待望の年末年始の休暇に入りました。

というわけで、昼間は家族ポイントをチャージして、夜は呼子方面へアジングへ。

前回の呼子で波止にタモを忘れてしまい、今回新たに購入したタモの出番なるか?

エステル0.2号なので、尺近いのが来ればタモ入れしたいところ。


2015年12月24日木曜日

呼子方面ライトゲーム



ここ最近、一気に冷え込みましたが、皆様体調崩されてませんか?

TKTNは、何年ぶり?というくらい久々に、おもいっきり風邪引きました。

とはいえ、釣り熱を抑えられず、いってきましたー。


2015年12月22日火曜日

夜な夜な準備


先日買ったレンジクロスヘッド。

やはり評判通り、フックのシャープさハンパない。

加えてリグの存在感が、他のジグヘッドよりも強い(操作感度が高い)気がしている。

明日の晩にアジング出撃するつもりで、待ちきれずにリグってみたり。

さらに鰺の糸0.2号の強度テスト。

これ、やっぱかなり強いかも。

タックルにセットした状態で、300gのペットボトルを先にセットしてぶら下げた状態でロッドを割とシャープに(竿先で30cmくらいを秒速1往復くらい)上下させてみても切れたりはしなかった。

平均強度が1lb=約450gであることを考えると、これはかなり強さは期待できるな、と。

ただし、リーダーはナイロン1号を30cmほど繋いでるのでそこは留意が必要。

どちらにしても、抜き上げは尺くらいまでにしといた方がよい。ヨンマルの抜き上げはたぶん無理。

ドラグ設定も、フィネスな釣りにおいてはライン強度の1/3程度がよいと思っているので、もうちょい弱め(150〜200gくらい)にしておいた方がよい。

はよ釣り行きたいなあ。

2015年12月21日月曜日

アンバーコードと鯵の糸の比較


昨日ステラに巻いた鯵の糸。

触った感じから、並々ならぬ期待をしているんやけど。

試すのを待てなくなり、ちょっとだけ公表データの比較をしてみた。


2015年12月20日日曜日

ベロベロサイクリングからの鯵の糸とかスパテラとか



ちょっと乗っとこうと思って鏡山まで。

夕方雨予報やったので、まあ100km走れればいいかな、と思ったけど、結果は90km。





鏡山はそこまで勾配がないので、ギア落としてテロテロ上れば大丈夫かな、って上って山頂で休憩したら脚めっちゃ重(おも)なってたwダメージでかいww



山頂にて、

「あ、そういえばアジング用ステラのライン(アンバーコード)もう終わってたな」

「買いたいけど、アンバーコード置いてるのポイント姪浜かあ。ちょっと遠いしなあ」

「帰り道ならまるきん糸島か。アンバーコードないけど鯵の糸置いてたな。試してみるか」

線径ラインナップと強さ、値段、長さをGoogleで調べて、そっから頭の中はもう鯵の糸一色w

ということで急ぎ足でまるきん糸島へ向かい、鯵の糸購入。

ついでになかはら釣具で海太郎スパテラ 2inchのチャートグロー。


触った感じでは結構強そうな感じ。
アンバーコードと変わらないのでは?と思った。

長さも240mあるし、安心やね。

フラッシュイエローのカラーは0.2号の細さやと分からない。


スパテラは、昨日クリアが炸裂したので、グローがワームケースに残ってなかったのもあって追加してみた。

火曜の夜にでも試してみようかな。

朝ホゲングからの呼子ナイトアジング



久々に(?)釣り行って来た。

オレ、本気やで。

てことで、冬のハゼパターンが利くかを試しに朝は糸島でシーバスロッドでジグヘッドを投げる。

砂地の河口は反応なし。

磯絡みの波止でボトムハゼパターンやったら根掛かりング。



シマノのトライデントが重さの割にかなりぶっ飛ぶことが分かった。

というわけで午前の部納竿。詳細は面倒なのでなしw





昼前から会社の若手とカキ小屋行って、帰ってから会社先輩のTKIRさんとアジングへ、

◆実釣日時
2015/12/19(土) 18:30-22:00

◆釣行場所
呼子

◆潮周り
長潮

22:00くらい干潮

◆持ち込みタックル(アジング)
Rod:SHIMANO Soare XTUNE S604LS30
Reel:SHIMANO Stella 1000PGS
Line: よつあみ チェルム アンバーコード 0.2号 150m
Leader:SUNLINE Fluoro 1号
Lure:0.2~3gジグヘッド各種+ワーム、メタルジグ、プラグ、etc
Target:アジ、ヤリイカ

TKIRさんは以前アテンドした時はボウズ。
ボクがかろうじてアオリとキジハタ釣ったんやっけかな。

TKIRさんは8月にボクがアジングで釣りの世界に誘ったはいいが、まだアジを釣れてない。

「どうしてもアジを釣りたい」

とのことで。

最近不調続きやった呼子ではあるけども、限られた時間の中である程度の釣果が望める場所というと、やっぱりここかな、ってことで呼子。

最悪アジはダメでも、ヤリイカはいけるんじゃない?でも呼子まで行ってホゲたらマジで顔が立たんなと。

いろいろ心配しながらボクの家で合流してクルマ一台で一路呼子へ。

途中のデイリーヤマザキで買った軽食を頬張り、18:30に実釣開始。

ちょっと風があったので
レンジクロスヘッド 1.5g+reins アジキャロスワンプ グローオキアミパワー
から。

まったくもって反応なし。

見ると目の前にヤリイカが。

TKIRさんにエギに付け替えてもらい、見事釣ってもらった。初イカ。

「意外と引かんなあ」

とイカ様に失礼なことも言ってたけどw、ぶっちゃけヒイカクラスの大きさなので全然引かない。

ボクはというと、
レンジクロスヘッド 1g+issei 海太郎 スパテラ 2inch クリア
で。

ド表層から攻めてみると・・・

なんと1投目からヒット。

15cmくらいのマメサイズではあるけども、ひさびさの魚のアタリと引きをエステル0.2号で十分に楽しみGet。



TKIRさんに1g JHとクリアワーム(たしかアジスタとママワームスリムクローラーを使ってた)に変えてもらい、キャスト後カウントなしでアクション開始してもらうと・・・TKIRさんにもHit!からの初アジGet!

「やったー!ついにアジ釣れたああああああああ!!めっちゃ引くうううう!」

と大喜びのTKIRさんを見てると、自分のことのように嬉しいw

# ちなみに、この時横で釣りしてた小学1年生くらいの少年
# ルアーでアジ釣ったことないらしく、ボクにいろいろと釣り方を聞いて来る。
# 表層を探る為の操作を教えたらしばらく苦戦した末にアジGet。
# 同時に、崩れるように喜ぶ少年w
# 「おっちゃんも初めてアジ釣ってめっちゃ嬉しいんよ」
# と話しかけるTKIRさんw
# おっさんと少年、共通に喜べるこの釣りって趣味は素晴らしいなと感じたw

感動に浸るのもそこそこにしてもらいw、

「はいはい、今時合来てるかもやから、エラ切ってすぐ次すぐ次」

と次のキャストをしてもらい、アジの「コツン」のバイトに苦しみながらもポツポツと釣ってくれる。

その間ボクは5連荘なんかしてみたりして。

「やっぱ師匠は違うなあ」

なんて言葉にご満悦w

ちょっとアジのアタリが遠のいたと思ってエギ投げてみると。



イカの妨害入ってまーす。

とはいえ明日のうちの夜ご飯になってもらう為にお持ち帰り。

しばらくその場でポツポツとアジングを楽しみ、ちょっとアタリが遠のいたところでランガン開始。

河川が絡むポイントを撃っていき、反応がないまま目星付けてたピンへ。

街灯が効く波止の先端。

3次元的な明暗の境界を意識してリグを送り込むと…プチ連荘。

またもやアタリが遠のいた(というか遠くから妨害してくるボケアングラーがいた)21:30。

あーもうダメかなーと思いつつも、これで釣れたらヒーローっすねーとか言いながら放ったレンジクロスヘッド1g+アジネクトン クリアケイムラでラストアジGetして満足の納竿!

そんなわけで、最終的には。



↑TKIRさんの釣果はアジ10匹のイカ2杯(イカはボクから6杯進呈)。



↑ボクの釣果はアジ16匹のイカ9杯。

非常にアタリが多く、暗闇におっさん2人で

「あっ」

とか

「ああ〜っ!」

とか非常に変態Nightでしたw

久々に魚と遊べた夜に感謝です。

明日はアジとイカの刺身やな。

2015年12月16日水曜日

シーバスはまりそう



最近シーバスを狙ってみたりしてます。


なんしかルアーが多い。



シンキングにフローティング。

リップありにリップレス。

ミノー、ペンシル、バイブレーション、ジグヘッドに時にはメタルジグ。


多種多様なルアーを使える。


コレクター魂に火が付くぜw


そんななか、

「これはおもしろそう!」

と思ったのがSHIMANO COO

フローティングペンシルなんやけど、フローティング姿勢が水平らしい。

バチ抜けシーズンのキラーアイテムであるシンキングペンシルではなしえないくらいのデッドスローが、このフローティングペンシルなら可能。

しかもデッドスローに引いた際のレンジは表層10cm!

らしい。

発売は、
100mmが2016年1月。
70mmが2016年3月。

いろんなメーカーに手を出すと財布がやばいことになりそうなので、ここはいっちょSHIMANO縛りでいくことにしている。

いまいま、ミノーは
ストロングアサシン(アクション強めのリップミノー)
エスクリム(ナチュラルアクションのリップミノー)
ゴリアテ(リップレスミノー)
を持っているので、ここに
トライデント(シンキングペンシル)
クー(フローティングペンシル)
を追加したいところ。

シーバス定番のサイレントアサシンも揃えたいけど、どうもこいつは弱い(磯とか橋脚にぶつけるとすぐ壊れる)らしく・・・コスパを心配してまだ導入していない。

オープンエリアならいいかもしれんねー。飛ぶらしいし。

ちなみに、ゴリアテは気に入ってサイズ揃えてしまったw



クリアも欲しいけど、ゴリアテにクリアってあるんかな。

さてさて。

やばいね。

釣り熱上がってきてるねw

あ。

ちなみに。


朝練行ったけどダメですた(泣)

愛しさと切なさと忙しさと



あーもう忙しい忙しい!

プロジェクト的に改善業務が主なので、マイルストン的にはそうでもないし、そもそもスケジュールもあってないようなもんなんやけど、なんしかタスクが多すぎる。

処理能力を越えたタスクに愕然とするTKTNでございます。

さて、そんな愚痴はさておき、過ぎ去っていく2015年。ようこそ2016年。も間近。

2015年12月13日日曜日

糸島ホームにてシーバス&ライトゲーム→撃沈



今日は曇り時々晴れの予報につき、チャリの予定やったんやけど。

なんか朝から雨降ってるし。

昼からも降り出すし。

これはダメやなってことで、夕方まで所用をこなし、夕マズメのシーバス&アジ狙いで久々のホーム波止に。

ここ最近ずっと強い北風が吹いてたので、まあうねってますわな。


繁忙



仕事が忙しく、なかなか釣りやチャリの時間が取れない。

そんななか、昨晩呼子にアジング行ったけど見事撃沈。あじゃぱ。

あ。

入籍しました。

結婚式のご連絡しなければ。

2015年12月8日火曜日

たまにはナイトも悪くないと思った帰宅トレ



久々にチャリンコ再開した土日。

日曜は脚攣ったまま丘越えしたもんやから、やっぱり翌日(昨日)はひどい筋肉痛で。


時間が取れたわけじゃないけど、22時の退社後にちょっと遠回りしてリカバリ走してみた。



  1. やっぱりできないリカバリ走


なんか昔から苦手でw

序盤こそフロントはインナー固定。
夜景写真でも撮りながらゆっくり走ろう、って感じやったけど。

室見ヶ丘のピークにある信号。

ローディなら経験あると思うけど。

目前の青信号。

ペース上げれば青通過できるような気もするし。
間に合わないような気もする。

でも鼻から諦めてダメ、がTKTN精神。

やってダメなら諦めもつくけど、やらず(中途半端にやって)にダメで、
「だって本気とちゃうし」
などという言い訳するのはオトコとしてチ○コ切り捨てられるべきやと思うので、ここは全力で。

と。

リカバリのことなぞ忘れて腰上げてダンシング全開で信号を無事黄色通過した頃にはもう足はパンパンのガチガチ。

あーあ、やっちまったな。

とか思いつつも、

「あはは、オレらしいわ。もういいや」

と開き直ってその後の区間も快走ペースでリカバリ無視w

最後に先ほどと似た状況で、200mほど先に見える青信号。

ああ、あれが赤に変わるタイミングっていつやろう。

もう赤に変われよ。

変われって。

変わらんのか。
なら行くか。

って感じで全開スパートw

いい感じに疲れ貯め込んで終了~。



  2. 撮りたい景色のイメージ


前述の開き直る前にこんな写真撮ったんやけど。



DSC-RX100やっぱいいカメラやね。
コンデジでここまで撮れるとか軽くパラダイムシフト(※)が起こってる気がする。

※パラダイムシフト:それまでの常識が常識でなくなること

この写真を撮って見返してみて、明確に撮りたい写真のイメージが湧いた。

生月島の大俵断崖(やっけ?)とか平戸の川内峠辺りで
晴れた日の夜に
夜景を撮りたい。

そこに自転車があってもいいな。

もちろんα99でね。
レンズは14mmがいいかな。

夜の大バエ灯台もよさそう。

今度撮りにいくかなあ。

2015年12月7日月曜日

今週の糸島方面の天気予報

自分の中での情報整理も含めて今週の糸島方面の天気予報を。


まとめ。
月・火・水は朝&夜錬可能。

木・金は雨予報につき注意が必要。

日中の気温は高いが、朝方は10℃を切る為、防寒は忘れずに。

今日の天気



明日の天気


朝方は曇り。



木・金は雨。
週末は
土曜曇り
日曜晴れ時々曇り

木・金を回復に当てる為に、水曜に疲労のピークを持ってくるのがよさげやね。

ちょっとモチベーションアップ?

自分は何がしたいのか。

どこに行きたいのか。

霧掛かってた行く先が、少しずつ晴れてきた。

なんて。

かっこつけただけw

さて、昨日の練習であまりにもヘボい自らのパフォーマンスに辟易したので、朝練とか始めようかと。

とりあえず明日は糸島方面に30km程度か、まるきんトレか。

2015年12月6日日曜日

久々にチャリ 唐津往復(山岳もあるよ)

出典:弱虫ペダル

登りでは山神 東堂並に

出典:弱虫ペダル

平地では肉弾頭 田所ばりに

ゴリゴリいきたかったTKTNです。こんにちは。

いや。

イメージの問題ね。

まー体力落ちてますわ。

んでも、小さいことからコツコツとー。


西川きよしですー。

違う。
TKTNですー。

2015年12月5日土曜日

やりたいけどやれてないことをやってみた。


やりたいけどやれてないこと、書き出してみると、自分が置きっぱなしにしてきたもの、視界の隅においやってたもの、いろいろ見えて来た。

そんなわけで、まずはこれ、と思った

チャリの練習

やってきた。

コースは通称(ボクだけのw)"まるきんトレ"。

今宿の自宅からまるきん糸島店へのアップダウンに富む県道を走るコース。

2015年12月4日金曜日

やりたいけどやれてないこと

あるよね。

それ、きっちりやっていかなね。

問題を後回しにしてもしかたないしな。

2015年11月30日月曜日

出張@厚木 1日目


久々に青空満開の月曜日。
今週は出張weekにて、本日は厚木におります。



めったに出張は行かないのと、会社指定の航空会社がJALからANAに変わったことでいささか(手続きの違い等)不安があったものの、まあそこはどちらも大手。手続きなんぞ変わらず、eチケット発行でスマホ画面を認証、でらくらく来れました。

厚木といえばシロコロホルモン。

豚の大腸をぶつ切りにしたもので、甘辛い味噌タレと相まってうまいらしい。

その場で焼くスタイルのお店は多いものの、出張中にてパンツは一張羅(シャツは何枚かある)なので、これにくっさい臭いつけるわけにも行かず。


そんな中発見した、シロコロホルモン定食を提供する、当り矢、なる食堂。

シロコロホルモンは炒めた状態で出てくるので、服に染み付く臭いの心配もなし。

がしかし、仕事が終わって22時。
お店に付いたのは22時半。

閉店30分前のお店には既にお米がなく、定食は出せないと…

なんて日だっっっ!

とはいえ仕方ない。

他にもメニューはあるけど、大して食べたくもないもの頼んでも仕方ないし、泣く泣く退店。

そういえば3年ほど前に、同じく出張で来た際にたまたま立ち寄ったラーメン屋。

そこで食べた、油そば、たいそううまくて、また食べたいと思ってた。


てことで来てみた。

だるまのめ

ここは裏口ね。


そして油そば。

うん。

まあ。

自己バイアス掛かってたわ。

うまいけど。

まあ。

こんなもんか、とw

まあ、思い出なんかそんなもんさー。

2015年11月29日日曜日

無事に両家顔合わせ終了


さて、釣りの話ばっか書いてますがw、ちゃんと結婚に向けても動いてます。

まずは両家の顔合わせ。


まあ裏ではいろいろあった(ここに詳細書くつもりはない)んですが、なんとか平穏無事に顔合わせを終了できました。


呼子アジング(渋)



気温も一気に下がったし、昼間は猛威を奮ってた強風も夜には収まるってことやったので、
呼子にアジングに行ってきた。

しかしまあ渋い・・・

しっかり潮は動いてて、風もそこまで強くない。
ベイトは入ってるけど、いないのか、いるのに食わないのか、釣果にはやや不満の釣行となりました。

2015年11月28日土曜日

バッドコンディションでデイ青物





今日は写真もテキストもセンターで。

なんとなくですw

先般の寒波が冬を運んできた。
気温の急下降とともに、吹き続けた北西風により水温も一気に下がった。

2015年11月27日金曜日

ボクのアシストフック


アシストフックは自作すると安くあがるし、自由度が高いし、何より自作の道具で魚を釣る、ということが楽しい。

僕自身、

「アシストってどうやって作るんや?」

というところから始まり、まだ自作始めて数か月の段階ではあるが、試行錯誤の末にひとまず落ち着いた着地点があるので、その手法を動画で共有する。

下記はテキストベースの説明。

作るのは、ティンセル付、アシスト長1cmの青物用シングルフック。

■必要な道具

・ミニ万力
 (フックの固定に必要。フック手持ち等は危ないので絶対にやめましょう)
・ノッター
 安いものでOK。ボクは石鯛ボビンというノッターを近所の釣具屋で350円ほどで買ってきて使用している。
 固定糸を指でつまんでの作業も可能だが、ノッターを使用することで格段に品質と効率が上がるのでおすすめ。
・ボビン
 ノッターとセットにする。ダイソーなどでボビンに巻かれたミシン糸を買ってきて、ミシン糸を捨てて固定糸(ボクの場合はPE 0.8号)をすべて巻いておく。
・はさみ
 アシストラインや固定糸の切断に必要
・ニードル
 アシストラインをチチワにする場合は必要

■必要な材料

・ソリッドリング
・アシストライン(150lb。120lbでもいいかも)
・フック
・ティンセル
・固定糸(僕はセキ糸は使わずにPEライン0.8号を使用)
・コーティング剤
 (今回は熱収縮チューブ及び瞬間接着剤は使わない)

■準備編

フックを作成する為の道具のセッティングを紹介。

万力を机にしっかり固定し、ノッターにボビンを装着。固定糸はノッターの足に1周させてパイプを通す。
糸がラインを通りにくい時は、先だけ入れて、糸を余らせた状態で反対側からストローの要領で吸ってやればよいです。

ニードルやソリッドリング等必要なものは一通り机の上に揃えておく(作業中にゴソゴソするのが面倒なだけ)

■作成編~アシストラインをソリッドリングにチチワで固定~

まずはアシストラインの芯を抜く。
切り口を少し揉んでやれば芯が少し飛び出すので、引っこ抜いてやればいい(これが結構気持ちよかったりするw)。

長さの基準とする為、半分の長さに二つ折りにして折り目を付ける。

芯を抜いたら中空になったアシストラインに、口を開いた状態でニードルを挿入。

半分の位置で折り返しても中を通ったラインの方がやや長くなるので、1mmほど折り目から行き過ぎたところでニードルをラインから出す。

出したラインの片方にソリッドリングを通し、ニードルに引っ掛けて、ゆっくりニードルを引っ張り、アシストラインを、グリグリやりながら引き込んでチチワを作る。
ここで焦ると失敗するので慎重に。
また、ニードルを掛ける位置が端に寄り過ぎていると繊維がほぐれて失敗するので、大胆に中央寄りにしましょう。

グリグリやってチチワでソリッドリングを固定出来たら、ラインを引っ張ってシャキッとさせてやる。

これにてアシストラインのソリッドリングとの固定は完了。

次はフックへの圧着へ。

■作成編~フックへのアシストラインの圧着~

やる人やらない人がいるが、ボクはフックに対して固定糸で下巻きをして摩擦力を上げてやる派。
代わりに、アシストラインのフック貫通はやらない。

ミニ万力にフックを固定し、固定糸をぐるぐる巻いて1往復させて下巻き。

まだ固定糸は切りません。

この状態でアシストラインを乗せ(リングとの向きは目的に合わせて変えること!)続いてアシストラインとフックに対してグルグル。
3~5往復すれば十分強度が出る。

この状態で、いったんコーティングで固定糸を保護する。

ここでもまだ固定糸は切りません。

■作成編~ティンセル装着~

ティンセルを好きな量好きな長さで切る。

ボクのやり方は、ティンセルを2つ折りにして装着する為、欲しい量の半分、欲しい量の2倍の長さで切り取る。

ティンセルの束の真ん中をフックの固定部に当て、固定糸を1周。
アシストライン側のティンセルを折り返して、更に固定糸をグルグルと1往復させる。

ここで固定糸を切り、ハーフヒッチ1回。

新たに巻いた部分を上からコーティング剤で保護し、乾かしたら完了。


■応用編

ティンセルいらないならティンセル装着の工程をカットして、コーティング前にハーフヒッチすればOK。
ダブルフックにしたい場合は(フックとソリッドリングの向きに気を付けて)1つのリングにもう1つチチワアシストラインを装着して同じ工程を行うか、シングルフック2本をスプリットリングで連結してダブルにするか。
個人的には、ソリッドリングの分コストが上がるが、安全性を考えて後者をおすすめする(フックがぶらぶらしてる状態で固定糸巻くとたまに指に刺さる)

ちなみに熱収縮チューブを使用しないのは、チューブに熱を加える段階でティンセルがボロボロになってしまうから。

以上。

アシストフック作成の一助になれば幸いです。

2015年11月26日木曜日

フック自作


久々にフック自作。

今回はティンセル付き。

こいつ、熱収縮チューブより熱に弱いから、セキ糸の保護はケイムラコートで。

なかなかよいではないか。

検証とリピート


アンバーコード、超お気に入りなので、0.2号を予備として買っておいた。

Pointで1,000円ちょい(150mのみ)。いいわあ。安いわあ。

ついでに1号のフロロカーボンも。

左下の無名のボビン(100均のDIYアクセサリコーナーにある)に1号ナイロンリーダーを巻いて今運用してるんやけど。

フロロとの感度の違い(メインラインはエステル0.2号)を試しておきたくて。

取っ替え引っ替えしてアジングしてみようかと。

いよいよ北西風が吹き始めて、冬のアジ開幕って感じ?

寒くて辛い時期ではあるけど、アジのサイズは上がり、身も締まってうまい時期やね。

今週末アジングからのショアジギ行けたらいいな。

2015年11月25日水曜日

釣れない理由を何かのせいにするのは簡単やけど


それでは成長がないと。
ボクはそう思うわけです。

毎週決まって行ける時に釣りに行くボクにとって、潮がどうとかはぶっちゃけどうでもいい。

釣果に関係ないとは言わないけど、ボクは気にしない。

なぜかと言うと、潮を見て釣りをするしないを決めないから。


行く。

という前提を持って、じゃあとこにいけばいいか、を潮見表を見て決める。

下げが有利なポイント。上げが有利なポイント。

干潮なら渡れるが、満潮だと戻って来れないポイント。

等々、干満を気にすべきケースは多々あるけど、そこくらいかな。

そもそも、大潮やから釣れるとか、長潮やから釣れないとか。

魚が潮を気にしているはずはないので、釣れる、釣れないに関してはそれなりの理由があってしかるべしと思う。

因果応報。
火のないところに煙は立たない。
結果の根本には必ず原因がある。

その原因を掘り下げ、対策を講じるのがなぜなぜ分析なのでやってみた。

ひとまずってことで書いてみたけど、まだまだブラッシュアップや拡張の余地はあると思う。

ということで、意見あれば広く募集します!

みんなで釣れない理由と、ならどうすれば釣れるか、を考えましょう!

呼子方面ナイトホゲングからの朝マズメホゲングからのデイショアホゲング



ナイトのアジングで保険掛けようが無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ぁ!

ウリイイイイイイイイイ!!!


ジョジョの奇妙な冒険をDVDで見てます。

すごくおもしろかつたです。

今日の日記終わり。


















にしたいくらいに毎回黒歴史をその身に刻んでいくTKTNです。おはこんばんちは。

さて。

土曜の平戸でPerfect  (Ho)Gameを達成したボク。

このホゲ神様に憑りつかれた状態を打開しようと、3連休最終日である月曜は呼子方面をランガンすることに。



◆実釣日時
2015/11/23(月) 前日23:00-16:00

◆釣行場所
呼子

◆潮周り
長潮かな
朝方満潮

◆持ち込みタックル(キャスティング)
Rod:SHIMANO COLTSNIPER XTUNE  S1006H/PS
Reel:SHIMANO 15 TWIN POWER SW 6000PG STELLA SW 6000スプール
Line:DUEL HARDCORE X8 3号(50lb) 300m
Leader:ナイロン 14号(60lb)
Lure:30~120gジグ、~100g プラグ
(Spare Spool:GOSEN JIGGING X 8 Braid 2号)

◆持ち込みタックル(キャスティング)
Rod:SHIMANO COLTSNIPER  S1000MH
Reel:SHIMANO 13 BIOMASTER SW 4000XG
Line:GOSEN JIGGING X 8 Braid 1.5号(30lb) 300m
Leader:ナイロン 8号(30lb)
Lure:30~80gジグ、~60g プラグ

◆持ち込みタックル(アジング)
Rod:SHIMANO Soare XTUNE S604LS30
Reel:SHIMANO Stella 1000PGS
Line: よつあみ チェルム アンバーコード 0.2号 150m
Leader:SUNLINE Fluoro 1.2G
Lure:0.2~3gジグヘッド各種+ワーム、メタルジグ、プラグ、etc
Target:アジ
(Spare Spool:DUEL Armored F+ 0.1G 100m)

ルートとしては

~ナイトアジング編~
呼子港(ホゲ)→二軒屋波止(ホゲ)→名護屋港(ホゲ)

~ショアキャスティング編~
波戸岬(ホゲ)→串崎(ホゲ)→トリカ崎(ホゲ)→鷹島大橋下(エソ、ベラ、アナハゼ)→波戸岬(ホゲ)