2015年1月14日水曜日

対ギガアジタックル紹介



検索キーワードに
「ギガアジ タックル」
が多いため、TKTNの対ギガアジタックルをご紹介。
いつもの装備は、下記。



~インファイト用エステルタックル~
ロッド:SHIMANO Soare XTUNE S604LS30
リール:SHIMANO VANQUISH C2000S
ライン:34 ピンキー0.6号
リーダー:フロロ2号

~アウトレンジ用PEタックル~
ロッド:SHIMANO Soare CI4+ S608ULS
リール:SHIMANO Soare CI4+ C2000PGSS
ライン:ラパラ ラピノヴァ 0.3号
リーダー:フロロ2号+フロロ1号

これで豆からヨンマル越えまでやってます。

風があろうが潮が速かろうが基本は上記の装備。
たまに気まぐれでエステル0.4号とか0.3号も使うけど、やっぱりギガと安心してやりとりできるのはエステルなら0.6号、もしくはPE0.3号。

エステル0.4号では、ヨンマル越えのファーストランに対してはひたすらドラグ滑らせるという対応しかできず、主導権握るまでにかなりの時間が掛かる。なのでエステルは0.6号。

風に極端に弱く、スラックができると感度が大幅に落ちてしまうPEは4g以上のヘビーリグ向けで使ってる。

一時期エステルライン直結でアジングしてたけど、デカいアジは下顎のざらざらも立派で、0.4号程度のエステルラインなら簡単に切ってしまうので、リーダーは必ず1号以上、念には念を入れて2号を使ってる。



エステルラインは
ピンキー
ジョーカー
アジングマスター
が3大ラインで、最近出てきた
鰺ing PET
が気になってるところ。

レビューにも書いてるけど、アジングマスターは一度伸びるとかなり切れやすくなるので注意が必要。

ボクがピンキー使う理由は単純に
「色付きでリーダーと見分けやすいから」
です。



リグに関しては、
ジグヘッド単体(1〜3g):メタルジグ(3〜5g)=8:2
くらいの使用率。
特に大アジ狙いの時はジグ単3gの使用率が非常に高い。
4gもたまに使うけど、ソアレエクスチューンの感度のピークが3gくらいにあって、それ以上は操作時にかなりティップが入ってしまうので、3gで止めてる。
止むなく(強風時に)4gジグヘッド使う場合はソアレCI4+で投げてる。





使用ワームはアジ職人ソフトサンスン率高し。
20cmくらいのアジでも3インチ食ってくるので、ギガ狙いじゃなくてもおすすめ。

活性高い時や濁り潮時はピンクとか白、通常はクリアラメとかクリアホロで。

短いワームは2インチ程度で揃えてるけど、製品はそのときの気分でいろんなの買ってるので、どれってのはない。

まあそんな感じで、デカいアジは釣りアジも食味も格別にうまいので、ぜひデカアジ狙ってみてください。

2015年1月4日日曜日

新年釣り初め

DSC00155 (1156x1200)

2015年釣り初めにいってきました。

場所は、昨年末から通い詰めてるギガアジが現れる場所。
場所の詳細はヒミツ。北部九州とだけ言っておこうか。

狙いは尺アジ。欲を言えばヨンマル。

持参タックルは下記。

~インファイト用エステルタックル~
ロッド:SHIMANO Soare XTUNE S604LS30
リール:SHIMANO VANQUISH C2000S
ライン:34 ピンキー0.6号
リーダー:フロロ1号

~アウトレンジ用PEタックル~
ロッド:SHIMANO Soare CI4+ S608ULS
リール:SHIMANO Soare CI4+ C2000PGSS
ライン:ラパラ ラピノヴァ 0.3号
リーダー:フロロ2号+フロロ1号

まぁ、いつも通りってことです。

いつも通りなんやけど、ランディングの時にリーダーがアジの下顎に擦れて何回か切れたので、次は2号(8lb)でいこう。

さて、まずはデイから。
デイではアジの実績がないため、煮付け用のメバル狙い。

メタルマル風にお尻にスピナーブレード+ダブルフック装着したメタルジグ5gを表層ただ巻きしてると、足元までメバルが追ってきた。
すかさずリトリーブを止めて、竿先を下げてフォールさせると、ガツーン。
おお、フォールメソッドってこういうことか。

DSC00143 (1200x1200)

15cmくらいと小さいのでリリース。

その後も同様の手法でぽぽぽぽーんとメバルを3匹ほど。
うち2匹は20cm越えるグッドサイズ。
そのうちの1匹目はキープしようとバッカンに入れた瞬間ドルフィンジャンプで逃げてった。マジか。
すぐさま同サイズGetできたからいいけど。

DSC00146 (1200x1200)

岩とかテトラの陰から現れてきて頭から食ってくるので、フロントフック追加したらこの通り。楽しい。

さて、煮付け用のメバルも1匹キープしたし、夜の時合に備えて軽く食事を済ませてコンタクト外して眼鏡を掛ける。

時刻は18時。ギガアジ回遊ポイントに立ち、キャストを繰り返す。
アタリがなくても、何度も何度も何度も何度も。
ボトム、中層、表層をトゥウィッチ&巻き下げで。

しかし、サイズも数も思いのほか爆発力がなく・・・

DSC00149 (1200x1200)

こんな感じ。

その後は港内探って不発。今一度ギガ回遊ポイントで撃って不発。
むむむ。これはもうあれしかないな。

ふて寝。

22時にビールと夕食の残りをかきこんで、就寝。とりあえず何の考えもなしに3時に起きて、そっから朝までやる作戦。

3時に目覚ましで起床。
風がある。風向き的にギガアジ回遊ポイントは釣りにならないと判断し、港内でお茶濁し。
20~25くらいを少し追加。

朝マズメ前。
朝マズメはギガアジ回遊ポイントで討ち死にのつもりで、暴風吹きすさぶポイントに入る。

風が緩まった隙に、風上にキャスト。
風が吹いている間はジッと我慢して、緩まったら一気に跳ね上げてトゥイッチ&カーブフォール。

反応なし。

次に試した、
大きめのトゥイッチでジグヘッド3g+ワームを大きく跳ね上げ、ほぼフリーで(リトリーブなしで)フォールさせる。
すると、手元にコココッという感覚が。

あれ?当たってる?もしかしてフリーフォールに反応してる?

もう一度跳ね上げ、リトリーブなしでフォール。
ココココ・・・
おお、当たっとる。
ゆっくり糸を張って、一気に合わせ!

途端に走り出す!

きたーーーーーーーー!

チリチリとドラグを出しながら獲ったのは32cm強の良型。

DSC00150 (1200x1200)
ジグヘッド3g+アジ職人ソフトサンスン クリア赤ラメ

同じメソッドで更に3ヒットさせたけど、フリーに落とした際の合わせがうまくいかず、2匹ばらし。
朝マズメ結果は4ヒット2バラシで残念な結果に。

完全に陽が出て、最後に遊んでくれたのはやっぱりこのコ。

DSC00152 (1200x1200)

あまりに走るから良型のアジと勘違い。
最後に足元のテトラに突っ込んでいって悪あがき。

なんだーガシラかー。
とガッカリしつつも、リグ持ってかれるのは嫌なので、根競べ。

まずは無理に引っぺがそうとするも、ダメ。
引いてダメなら押してみろ。ってことで、ラインをフリーにして、すこーしだけリールを巻いて、ややテンションを感じる程度に。

10秒もすると、徐々にテンションが緩んでいく。
よーし出てきたなーと一気に引き上げ、無事ランディング。

思いのほか小さかったので写真撮影だけして即リリース。
これにて納竿。

釣れんかった釣れんかったと思ってたけど、なんやかんやでぽつぽつ釣ってて、家で2人で食べるには十分な量釣れてた。
ヨンマルは出なかったけどね。
また次があるさ。

DSC00157 (1200x900)

今回のアジもしっかり脂が乗ってて、実にうまそう。
今年も海の恵みに感謝しながら、アジ、イカ、根魚と、釣り味/食味を楽しもう。