2016年1月3日日曜日

呼子エリアにて初釣りは・・・幸先よいかな



最後は結構向かい風でやりにくかったです。

TKTNです。

さきほど、呼子エリアに初釣りに行って参りました。

そういえば昨年(2015年)の初釣りはアジング。
昨年(2015年)の釣り納めもアジング。

やはりこの時期手軽でおいしいターゲットということで、2016年の初釣りもアジングと相成りました。






本日は、こんな尖ったアイテムまで用意してみた。

フロロリーダー0.5号。

バリバスのやつね。

ジグヘッドをよりナチュラルに動かしたい
 +
ジグヘッドからの情報をダイレクトに手元に伝えたい
 Ⅱ
ラインシステムはよりフィネスに

という考え。

いや、釣具のポイント姪浜店に売ってるリーダーで一番細いの使ってみたかっただけ。
でもバリバスのラインナップには0.3号とかあるみたいね・・・さすがに0.3号はいいや・・・。

最近はリーダーとジグヘッド直結する事も多くて、0.5号ともなるとアジの歯で切れないかが心配やったけど、まあ一回やってみればいいじゃんってことで。



第一精工のMCケーススリットタイプはローテーションケースとして活躍してもらうんやけど、ぶっちゃけボクには0.8gと0.6gの違いが見た目で判断できないので、マイタックを2つ折りにして、グラム数を書いてスリットに挿しておいた。

今日は久々に嫁さんもアジ釣りたいってことで、嫁さんも一緒に。
あと現地集合で同じく初釣りの会社先輩のOさんも。



16時自宅発。

17:30釣り場着。

夕マズメ直前に、ガラ空きのピンに入れた。
Oさん、ボクより15分ほど後ろを走っていたので、
「ポイント入れましたよー」
とLINE入れて、実釣開始。

◆実釣日時
2016/1/3(日) 17:30-21:00

◆釣行場所
呼子

◆潮周り
小潮

22:41 干潮

◆持ち込みタックル(アジング)
Rod:SHIMANO Soare XTUNE S604LS30
Reel:SHIMANO Stella 1000PGS
Line: サンライン 鯵の糸 0.2号 240m
Leader:バリバス フロロ 0.5号
Lure:0.2~3gジグヘッド各種
Target:アジ

◆嫁さん用持ち込みタックル
Rod:SALZA アジニスト レジェンド 5.8f
Reel:SHIMANO  Ultegra C2000S
Line:バリバス アジングマスター 0.3号 200m
Leader:SUNLINE Fluoro 1号
Lure:1gジグヘッド各種+ワーム
Target:アジ

やや濁っているが、ひとまずまだ明るいので、尺ヘッドD 1g + アジキャロスワンプ クリアから。

とりあえず1投目で25クラスのアジ釣る、という夢は儚く散りましたw

さて2投目、3投目とやっていると、横でやってる嫁さんのリールから、なぜかラインが3本も出ている。



完全にやらかしておる。

しかも薄暗くなってきたこのゴールデンタイムに。

まあいいさ。ここのアジは完全に日が落ちてからが勝負さ。

嫁さんのラインを直してあげ、再開。

嫁さん、足元のテトラに根掛かり。ラインブレイク。

ちくしょう。全然釣りできんやんけ。

ソッコーでリーダー、スナップ、ジグヘッド&ワーム繋げてあげて再開。

ここでOさん登場。

しばらくして、ティップを押さえ込むようなアタリ。



尺ヘッドD 1g + アジキャロスワンプ クリア(たぶん)

ひゃっほい!
2016年初フィッシュは小アジ!

ここから時合突入か?

周りが釣れない中、
1人で掛ける掛ける掛ける掛けるガンガン掛ける!
そしてポロリポロリポロリポロリテトラの間に落としまくる!



ポロリ。サービスショット。

嫁さんから
「その場所が釣れるっちゃないとー?」
という疑いを掛けられたので、若干イラッときて
「ほな場所入れ替わったるわ。ここでやってみ」
と、嫁さんと立ち位置交替。
嫁さんが投げてたところを通して・・・


尺ヘッドD 1g + アジネクトン クリア

はいどうぞ(^ω^)

今日はちょい濁ってるのにクリアが効くなあ。

なんて思ってたら、急にクリアで釣れなくなる。

試しにラメ入りに変えてみると。



釣れた(○゚ε^○)v

その後も、ジグヘッドは
ちょっと風が強くなってきてリグの存在感が分かりにくい時はレンジクロスヘッド
スローな動きで誘う場合は尺ヘッド R
キビキビとダートさせる場合は尺ヘッド D
と気分で使い分け、ワームも
海太郎 スパテラ 2inch クリア
海太郎 スパテラ 2inch チャートグロー
アジ職人 ソフトサンスン クリアラメ
アジ職人 アジマスト クリアラメ
アジネクトン クリア
を反応が薄くなって来たら交換(基本はアピール⇒ナチュラル⇒アピール⇒…という正反対への交換)
レンジも表層からカウント5を行ったり来たり、という形でポツポツ釣り続け。

しかし20時を境に向かい風がかなり強くなり、アジの着き場までリグを届けられなくなり。

1度はジグヘッドを1.5gの尺ヘッド Rにウェイトアップする事で釣れたけど、その後の再現性なし。

こんな時の為にと忍ばせてたスプリットショットも特に釣れる事なく。

いや、ていうかスプリットでの誘い方をいまいち理解できてない。
今度スプリット縛りでやってみるか・・・。

そんな感じで、21時には風と寒さと眠さで辛くなって納竿。





これはボクと嫁さんの釣果

O先輩 2匹
嫁さん 2匹(グッドサイズなメバルを更に1匹。アジはボクが手滑らせて1匹リリースw)
TKTN 10匹
と、腕の差?タックルの差?撃ち場の差?
が出た釣行でした♪

ま、やってることは簡単なんよな。
それができるかできないかで釣果の差が出てるんやと思う。

帰り支度中に「TKTNブログ見てます」という旨の声を掛けて頂き、非常に嬉しかった1日でもあります。

ボクの拙いブログを見てくれているのはすごく嬉しい。
そこに書かれていることが何かしらの影響を与えて、アクションに繋がっているのはもっと嬉しい。
(ボクの感想を参考に、タックルとかリグ使ってる、とか)
「ブログ見てるよー」と声掛けてくださるのは更に嬉しい。

ちなみに、今日も聞かれた、読者の皆様が気になってるであろうこと。

Q. 鯵の糸ってつおいの?
A. かなり強いです。平均1lb(約450g)はボクも実験で実証済み。実際、25cm程度のアジならぶっこ抜けます。それ以上はバラしたくないのもあってタモ使ってます。この強さで240m巻き、というのがかなりボク的に押すポイントかな。

Q. 0.5号リーダーどうだった?
A. 全然いけた!今日はMax 25cmくらい(フィッシュグリップで掴む時にポロリ)やったけど、ジグヘッド直結してても特に切れることもなかった。何度か丸呑みにもされたけど大丈夫。尺とかヨンマルサイズにはおとなしく1.2号くらい使った方がいいけど。あくまで中型まで狙い用。

そんなわけで。

本日もドラグ独奏曲状態で楽しかったでぷ(^p^)
--- スポンサードリンク ---