2016年1月17日日曜日

O川島帰りの呼子方面夕マズメアジング



やっぱここだね〜。

O川島デイアジングを早めに切り上げて、勝手知ったる呼子方面の漁港で夕マズメアジング。




◆実釣日時
2016/1/16(土) 16:00-19:15

◆釣行場所
呼子方面

◆潮周り
小潮

15:14 満潮
21:38 干潮



◆持ち込みタックル(アジング)
Rod:tailwalk AJIST TZ 69/SL
Reel:SHIMANO Soare CI4+ C2000PGSS
Line: サンライン 鯵の糸 0.2号 240m
Leader:バリバス アジングマスターリーダー フロロ0.5号 0.3ヒロ
Lure:0.2~3gジグヘッド各種
Target:アジ

先端場所取りの為に早めに行くも、既に先客あり。
あんたも好きねえ〜。

マズメ前に帰る様子もなさそうなアジンガー。

なら仕方ない、と波止際のテトラ帯へin。
まあここでも釣れるでしょう。

と言って開始した1投目。



<尺ヘッドR 1g+海太郎 スパテラ 2inch クリア>

じゃん!

カウント5くらいやったかな。
気持ちいいコツアタリに合わせて。

しかし予想通り再現はせず。


<尺ヘッドD 1g+アジキャロスワンプ UVオキアミパワー>

まあ釣れても通りがかりの事故っすよねえ〜。

夕マズメの薄暗い時間はやはり反応なし。

完全に日が落ち、辺りが闇に包まれた頃に、ポツリポツリと掛けていく。


<尺ヘッドD 1g+海太郎 スパテラ2inch カブラ>

25cm upなちょっといいサイズも出たりして。

このサイズになると吸い込みの力もすごいのか、ジグヘッド丸飲み。

レンジを探り、アタリカラーを探れば、アタリはあるんやけど、乗らない。

アミパターンってやつ?
食いが浅くて、アワセても乗らない。乗ってもすぐバレる。

その時は、あたってからの送り込みとか、時差付けてアワセる、で対応してたけど、まあ的中率もそこまで高くなく。

今となっては、

「ワーム切って短くすればよかった」

とか

「フック鈍ってたかも。交換すればよかった」

とかいろいろと反省点がある。

次への課題やね。

そんなわけで。



キャッチは6匹。
アタリは無数。
抜き上げでポロリも5〜6匹あったので、結構アタって、積極的に掛けて、楽しめたかな。
--- スポンサードリンク ---

0 件のコメント:

コメントを投稿