2016年1月21日木曜日

アジング用リールにおすすめ。SHIMANO 13 Soare(ソアレ) CI4+ C2000PGSS レビュー



SHIMANO 13 Soare(ソアレ) CI4+ C2000PGSS の使用レビューです。

もうめっちゃおすすめ。超おすすめ。





アジング用のリールに関して、

DAIWAの熱狂的ファン

DAIWA信者

DAIWAしか使わない

DAIWAとともに行き、DAIWAとともに死ぬ

DAIWAは心のオアシス

DAIWAは・・・

もういいですね。

そういった、「DAIWA以外使わない」という方以外には、

本製品 = SHIMANO Soare CI4+ C2000PGSS

をおすすめします。
あ、ちなみにTKTNはSHIMANOフリークですが、そこ抜きにして、アジングリールはこれがよいです。


本記事では、

1g前後のジグヘッド単体で使用
狙いはいわゆるミドルレンジ(2~3万円)
ターゲットはアジ(~45cm)
使用するラインはエステルライン0.2号、0.3号

を前提にしています。




【個人的好みが分かれる項目】
デザイン ★★★★☆
ドラグ音 ★★★★★
巻き心地 ★★★★☆

【絶対的性能項目】
重量  ★★★★★
剛性  ★★★★★
ドラグ性能 ★★★★☆
糸巻量 ★★★☆☆
耐久性 ?????

【先立つもの項目】
価格  ★★★★★

では各項目を見て行きましょう。
対抗となる月下美人(MXではないやつ)とも比較していきます。


デザイン ★★★★☆

小豆色というかエンジ色というか、なんとも言えないボディカラー。
これかなり評判が悪い?らしいが・・・個人的には、明るいオレンジがしっかり主張している為、小豆色はそこまで気にならない。

個人的には黒とオレンジの組み合わせが好きなので、小豆色をオレンジにしてくれれば★5つでした。

スプールのデザインも、王冠のようなデザインで好み。

「おもちゃっぽい」

と言われてるのは、デザインよりもその軽さじゃないかな、と思う。



どっちかというと(別にdisるわけではないが)月下美人のほうがデザイン的におもちゃっぽい。


ドラグ音 ★★★★★

ドラグの音質はキンキンと甲高い金属音です。
音自体もかなり大きめです。

ある意味DAIWA的?

これは軽量化に徹し、
・SHIMANO独特の「チリチリ音」を出すためのスプール内部のチューンがされていない
・スプールの王冠デザインによるホールある為、スプール内でのドラグ音の篭りがない
ということに起因しているんやと思う。

冬の寒空に響き渡る甲高いドラグ音なので、
「どや!釣れてんぞ!どや!」
な方に超おすすめ。

巻き心地 ★★★★☆

「おもちゃっぽい」

というインプレが散見されるけど、巻き心地はシルキーです。
(シルキーさを犠牲に)巻きの軽さを追求したクイックレスポンスシリーズ。
ではあるけど、巻きは軽いし、シルキーでもあるし、まるで不満がない。

「じゃあノイズはないか?」

と言われるとちょっと微妙。

ハンドル回転時に、超神経質になれば分かるほんのわずかなノイズはある。
けど、実釣においてはまったく気にならないというか、気付かないレベル。



重量  ★★★★★



これが一番の売りやと思う。

いや、重量だけではなく、巻きの軽さ、2000番の糸巻量、リジッドサポートドラグ搭載で160gという重量。これ、2016年1月現在でスピニング最軽量レベルの重量ですよ。

重量だけ見れば12 ヴァンキッシュと同じ。

あちらは実売5万。こちらは実売2.5万。

軽さというのは、ライトゲームにおいては正義です。

ロッドが軽くてもリールが重いと感度が鈍ってしまうし、疲れも溜まりやすいし、振り抜きも悪くなってしまう。

ちなみにSoare CI4+のハイギヤ仕様はC2000HGSではなく、2000HGS。
つまりボディが違うんですな。

C2000PGSSは1000番ボディ。
2000HGSは2000番ボディ。

だからハイギヤが重い。


ちなみに月下美人は2004も2004Hも重量は195g。重すぎです。さすがカルディアベース(昔はルビアスベースやったらしい)。

剛性  ★★★★★

ライトゲーム、特にアジ相手にリールの剛性もクソもないやろ、と思う。
高いに越したことはないけど、その為に金属ボディで重くなったりする方が困る。

そういうわけで、今回の前提であるライトゲームでアジを釣る、という目的に対しては剛性は十分に確保されている(43cmのアジも獲れたよ)。



ドラグ性能 ★★★★☆

ドラグ性能に関しても必要にして十分。
ただ、ステラほどナチュラルにドラグが出るかというと、やはり一歩劣るので★1つマイナス。

でも魚とのやりとりってロッドのしなりも使うから、ドラグ性能としては必要十分です。

リジッドサポートドラグ採用でドラグの出方も均一やし、アジ狙いにおいては不満はない。


糸巻量 ★★★★☆


糸巻量にはちょっと不満あり。

というのも、C2000PGSではなく、C2000PGSS。

Power Gear Super Shallow
なわけですね。糸巻量がC2000Sより少ない。

どんなもんかというと、鯵の糸0.2号を240m巻いてちょーっとだけスプールに余裕があるかな、といったくらい。

スペアスプールには0.35号を240m巻きたかったけど、たぶん巻ききれないので0.3号に下げたんよね。

とはいえ、そもそも240mきっちり巻く人ってそんなにいないと思うし、ライトゲームにおいては十分な糸巻量を持ってるので★4つ。PGSにしてくれれば★5つ。


耐久性 ★★★☆☆

釣行後毎回水洗いで1年結構ハードに使って特に不具合もなし。
今後はまだ分からないから、一応合格点の★3つ。



価格  ★★★★★


この性能でこの価格なら満足でしょう。実売2.5万円ほど。
重量はヴァンキッシュ同等。
性能的にも肉薄している。
でも価格は半額。
これはやばいね。
ベースがレアニウムっぽいけど、価格がほとんど変わらないのもいい。

ちなみに月下美人はSoare CI4+に2,000円ほど追加で買えます。

が、カルディアベース(らしい)で重いリールをわざわざカルディアの1.5倍近い価格で買うのももったいなくない?


そんなわけで、ジグ単用アジングリールは絶対にSoare CI4+ C2000PGSSがおすすめです。

ちなみに、このリールにはスタジオコンポジットのダブルハンドル付けてます。
下記参照。

スタジオコンポジット RC-SS-W(XS) カーボンノブ仕様 80mm ダブルハンドル レビュー
http://ssmtktn.blogspot.jp/2016/01/rc-ss-wxs-80mm.html



-TKTNのレビュー集はこちらから







by カエレバ
--- スポンサードリンク ---