2016年1月9日土曜日

tailwalk AJIST TZ(テイルウォーク アジスト トルザイト) 69/SL 検討&開封レビュー



tailwalk AJIST TZ 69/SL。

今回は購入に至るまでと、開封してフリフリしてみた感想。







このロッド。

レビューがないのである。ほとんど。

そして店頭にも置いてないのである。

今現在メインで使ってるSoare XTUNEもそうやけど、いわゆる「これ選んどけ」な王道のタックルというのを、ボクはあまり好まないらしい。

たとえばDAIWA 月下美人とか。
たとえばヤマガブランクス ブルーカレントとか。

できれば、

「えっ!?なにそれっ!?」

って言われるようなロッド使いたいw

そんな、今まで使ってる人に出会ったことがないSoare XTUNE S604LS30を使っていて、その性能(特に反響感度/操作感度)の高さには満足していたんやけど。

あるとき、ソルパラアジングを使い込む機会があって。
剛(パッツン系)のSoare XTUNEに対して、柔(しなやか)のソルパラ。

まあ、カテゴリとして「ハイエンド」と「ドが付くほどエントリー」でまったくもっていろんな意味で異なる味付けがされてる両者やけども。

釣果の数を伸ばすことももちろん追い求めたいけども、Soare XTUNEとは正反対の性格のロッド、つまりソルパラアジング風=柔のロッドを使ってみたいと思い、そういったアジングロッドを探したところ、Majocraft社のN-ONE、がまかつラグゼ宵姫EXと並んでこのAJISTが候補に上がった。

ちなみに触った感触としてブルカレも柔に入ると思ったけど、チューブラーということで今回は除外。ていうか使ってる人多いし。

条件としては、

Must条件
・しなやかな部類であること
・2ピースであること

Want条件
・25cmクラスの抜き上げが容易であること
・トルザイトリングを装備していること
・ATガイドであること
・軽量であること
・あまり人と被らないこと

とした。





N-ONE(5.6f、6.4f、6.8fが候補)が満たしている条件は、

Must条件
・しなやかな部類であること→×
・2ピースであること→○

Want条件
・25cmクラスの抜き上げが容易であること→?
・トルザイトリングを装備していること→×
・ATガイドであること→?
・軽量であること→×
・あまり人と被らないこと→×

しなやかな部類と聞いていたが、実際店頭で振ってみると、柔らかい方ではない。パッツンでもないけど。中間かな。

あわせてトルザイト不採用、ATガイドは不明、軽量ではないらしい、5.6ftで80gあるとかなんとか。メジャクラ故被ることも多かろう、ということで、これは却下。





宵姫EX(5.1f、6.9fが候補)が満たしている条件は、

Must条件
・しなやかな部類であること→○
・2ピースであること→○

Want条件
・25cmクラスの抜き上げが容易であること→×
・トルザイトリングを装備していること→○
・ATガイドであること→○
・軽量であること→○
・あまり人と被らないこと→△

これはかなり満額に近い。
しかしながら、宵姫EXというブランドはかなり高い地位を得て、使用者もそれなりにいる(多くはないと思う)ということと、メーカーは20cm以上はタモ使用を推奨していること。

振ってみてもかなり繊細で、たしかに尺でもぶっこ抜こうものなら折れてしまいそうな、繊細な姫を想像させる。

かなり興味のあるロッドではあるが、ちょっと保留にしておいた。





AJIST TZ(ソリッド6.9fが候補)が満たしている条件は、

Must条件
・しなやかな部類であること→○
・2ピースであること→○

Want条件
・25cmクラスの抜き上げが容易であること→おそらく○
・トルザイトリングを装備していること→○
・ATガイドであること→×
・軽量であること→△
・あまり人と被らないこと→○

条件としては、やや重いのと、ATガイドではないことが条件漏れしている。

しかし、商品説明の「レーシングマシン」という単語や、その先鋭的なデザインが気に入った。

価格も宵姫よりは控えめで、このロッド使ってる人は見たことがないのと、ランディングシャフトもtailwalk社のものを愛用していること、tailwalkという会社に対していい印象があったため、このロッドに決めた。








触りもせずね。








触りもせずね。




大事なことなので2回言いました。



注文後、宵姫触る機会があったんやけど、マジでAJISTの注文取り消して宵姫にしようかと悩んだくらいに葛藤があった(触ったことないロッドに対して)。

「高感度を謳っていること」
「たまに見かけるレビューの中に"パッツン系"という旨の表現があること」

から、

「もしかしてアジスト、パッツンなんじゃ・・・」

という不安を抱えつつ、無事AJIST TZ 69/SLを受け取り。

ちなみに

AJIST TZ:モデル名。トルザイト仕様のTZとSiC仕様の無印があるわけではない。AJISTはTZのみ。
69:6.9ftなのか6ft 9inchなのか。どちらにしろ長さを表している。
SL:ソリッドティップ。SL付いてないモデルはチューブラーなので注意。

さて。


前置きが長くなったが、本題のレビュー。

緊張のご対面。

ご丁寧にかなり品質の高いソフトケースが付いている。
また、内部にはティップ保護の為に、ティップ部にプラスチックカバー。

どちらもハードケースに他のロッドと一緒に入れる時に重宝しそうなので置いておこう。

ソフトケースに収まっているアジストを引き出してやると。

1. 細い

2. ガイド小さい

3. かっこいい



という印象を持った。

継いで振るまでもなく、

「ああ、これパッツン系じゃないわ。」

と即座に感じた。

リールはSoare CI4+ C2000PGSSを付ける。

春に発売の16 ヴァンキッシュの1000Sあたりいくかどうかを悩み中。



Soare CI4+ C2000PGSS(160g)との相性もよさげで、重心位置はリールフットから3cmくらいかな。



リールシートはFujiのTVSリールシートという軽量高感度なリールシートを採用。
近未来的なデザインがかっこいい。



握ってみるとこんな感じ。しっくりくる。
ちなみにこのロッド、EVAやゴムは使われておらず、使ってると指先が冷たくなりますw



無駄なところは取り払ったレーシングスペック。継ぎ目もシンプル。



エンドグリップはアルミ?金属製。
おそらくこれがロッド重量を80gまで押し上げてる主要因やと思うけど、このお尻の穴が感度向上につながっているらしい。

続けて、継いで振ってみる。

持っただけでしなやかなのが分かる。
ちょっとした振動でゆらゆらとティップが揺れる。



ちょっとした力で、しなやかに、すごくベントする。
バット部から曲がり込んで来るけどEX Fastらしい。

ビシバシリグを動かしてリアクションで食わせ、
寄せはパワーでゴリゴリ。

というよりは、

ナチュラルアクションで食わせ、
自然と頭をこちらに向け、魚の抵抗ものらりくらりとかわしながらのやりとり。

という使い方が想像された。



これを求めてた。



このロッドにあわせるラインはエステル0.2号。
このしなやかさがエステル0.2号の繊細さを補い、より自然なファイトができるんじゃないかな。

フルキャストして振り抜いてしまうと、キャスト後にティップ部がかなりしなってしまい飛距離が殺されそうな気がするので、8割程度の力で振り抜き後にティップが無駄にしならないようなキャストが求められるような気がする。

パッツン系ロッドと違い、テイクバックから振り抜くまでの間にかなりしなるので、しっかりロッドをしならせてからキャストしてやると、軽量ジグヘッドでも結構飛ぶんじゃないかと予想。

そんなわけで、検討、開封、ちょっと振ってみる、までのレビューはこれにておしまい。

次は実際にラインを通して、リグを繋いで、魚を掛け、取り込むところまでやってみる。

↓アジスト鱗付けレビューはこちら
tailwalk AJIST TZ(テイルウォーク アジスト トルザイト) 69/SL 鱗付け レビュー

TKTNのレビュー集はこちらから

下記で最安値を探せます

--- スポンサードリンク ---

0 件のコメント:

コメントを投稿