2016年7月19日火曜日

青物狙いの長崎離島遠征 Day2



Day1からの続き

雨音であまり眠れず、3:30のアラームを待たずして起床。
テントの中でゴロっとしながら、まどろみの中、今日のプランを考えます。





まずはやはり朝マズメ。
昨日の感じやと、日が昇り切ってからの1時間程度もチャンスがあるかもしれない。

昨日の散策ランガンから判断できるのは、おそらくランガンするよりも回遊待ちで打った方がよいということ。

納竿リミットは17:00。

アキラ氏そこまで我慢できるか。

が問題w

昨日は腕の筋肉痛から青物タックルあんまり振れなかったが、今日はしっかり振ろう。

やり残しがないように。

後悔がないように。

そんなことを考えてたら、突如、基地にモンスターが攻め込んできた際に流れるような緊急警告音。


ああ、アキラ氏のアラームこれやったなw

ボクもゴソゴソとテントから出て、雨が降る中、

朝食(どん兵衛釜飯)の準備をしつつ、

テントをたたみ、

朝食を食べ、

干しておいたが、夜の雨で結果的にビショビショになった釣り服に着替えw、

朝マズメに向かう態勢に。

アキラ氏は「先行っといて」とのこと。

うむ。あんまりがっついてないのは、すでにアングラーとしての勝者の余裕を見せていますな。
そらあそうでしょう。


ボクも(もし)昨日真鯛釣ってたらその時点で満足してると思うw


とはいえ、ボクの現実は、25cmくらいのシオ(既に3枚に下ろしてある。下ろしてみたらアジかと思うくらいに小さいw)のみ。







やるしかない。








やるぞ。








ディアルーナXRとコルトスナイパーXTUNEを束ねて掴み、1人で朝マズメのフィールドへ向かいます。








◆実釣日時
2016/7/17(日) 05:00-07:00

◆釣行場所
長崎県某離島

◆潮周り
大潮

05:30くらい 満潮

◆水温
不明


◆ベイト状況
表層/岸際~遠方/イワシっぽい


◆風
南から2~3m/s

◆持ち込みタックル(ショアキャスティング)
Rod:SHIMANO COLTSNIPER XTUNE S1006/H/PS
Reel:SHIMANO 15 TWINPOWER 6000PG
Line: GOSEN JIGGING X8 Braid 3号 300m
Leader:よつあみ ガリス ナイロン 100lb
Lure:~120gの青物プラグ/ジグ
Target:青物

◆持ち込みタックル(シーバス)
Rod:SHIMANO DIALUNA XR S1006M
Reel:SHIMANO 13 BIOMASTER SW 4000XG
Line:GOSEN JIGGING X 8 Braid 0.8号(16lb) 200m
    ⇒GOSEN JIGGING X 8 Braid 1.5号(30lb) 300m
Leader:ナイロン 8号(30lb) 2ヒロ
Lure:〜40gメタルジグ、〜40gプラグ



現場に着くと、昨日よりはややましなうねり。

薄暗いのではっきりとはわからないが、濁りもなさそうです。


相変わらず満潮付近では堤防から沖へぶっ飛ぶ潮。



足元にはなんとも艶めかしい潮ヨレ。






必ずいる。





ヒラマサでも、真鯛でも、カンパチでも、ブリでもいい。





とりあえず何か持って帰りたいw




気合いとは裏腹に、掴んだのはライトなディアルーナw




まずはかっ飛び棒でアプローチしていきます。




潮目を通しても、潮ヨレを通しても、


ただ巻きで通しても、ストップアンドゴーを掛けてみても


バックスライドアクションを発動しても



何も起こらずw





ううむ。



帰りたがるアキラ氏をどう説得するか、を1人でシミュレーションしつつ、タックルをコルトスナイパーXTUNEに持ち替えます。



これくらいの風ならダイペンが使えるはず。




しばしシマノロケットダイブを投げますが、反応なし。




うーん。。。



アキラ氏の説得方法を本気で考えますwww




17:00便まで粘れるかな・・・





ルアーをコルトスナイパーTGベルサーテ60gに変更。



時刻は潮止まり。

流れはありますが、昨日ほど強くないので60gでいい感じに流れつつ底は取れるはずです。


気合い入れて100lbのリーダーを6ヒロ巻いてきたのですが、リーダー長すぎてキャストしづらいのでリーダーの長さは次への課題やな、などと考えつつ腕の筋肉痛に耐えつつ、キャスト。






着底。






細かいピッチでシャクリ上げ。







再度フリーフォールで着底。






細かいピッチでシャクリ上g











ゴン!!!









着底からのシャクリ上げのタイミングで何者かがルアーを引っ手繰りました。







ロッドを通して全身に伝わる重量感。。。





これはでかい!




すぐさま追い合わせを1発、2発と入れて、ロッドエンドを股下にセット。

何度も鈴木斉氏のヒラマサファイトシーンを見てイメトレしていたので、この動作には何の躊躇もありませんでした。





ファーストランで、かなり強めに設定したドラグがジリジリ出されます。





耐えろフック




耐えろリーダー




耐えろスペーサー







耐えろライン






耐えろロッド






耐えろリール









耐えろ俺!!






千載一遇のチャンスを逃すまいと、ファーストランをドラグとロッドさばきで耐え抜きます。




寄せるぞ!コルスナXTUNE!ツインパSW!






強引気味なポンピングと巻き上げ





引く





暴れる






バカでかい真鯛か!?




これでもかと言わんばかりの力でフッキングはしっかりしたはず。





フロントアシスト2本
リアアシスト1本




今、何本掛かってる?



分からへんけど…イケる気がする。



イケる!




フックからアングラーまで、すべてにおいてまだ余裕がある。大丈夫。








主導権は俺にある






ゴリゴリ行くぞ





ラインの角度的にもずいぶん寄せたところで、一気に堤防の根元に向けて突っ込みます。






これは・・・真鯛じゃないな!?





突っ込みに耐え、渾身のポンピングで浮かせて見えた魚体は青白く輝いている・・・







「デカいヒラマサや!!!!!!」





なぜか直感的にそう感じました。


カンパチではなく、ブリでもなく、ヒラマサ。


聞きしに勝るこのファイト。




想像通り!



アキラ氏はまだ来ていません。





フッキングはしっかり口に決まっているようで、おそらくここでバラすことはなさそう、と判断し、セルフでタモ入れに挑戦です。


しっかり空気を吸わせ、股下にセットしたロッドエンドを脇に移動。魚をコントロールしやすい状態にして・・・無事ネットイン。





やった




獲れた




暴れてネットから飛び出しても困るので、慎重に引き上げ、無事ランディングに成功しました。





ヒラマサ 82cm






やったった





1年以上掛けて追いかけてきた魚を、やっと獲れました。





「よっしゃああああああああああああああああああああああおらあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」





思わず雄叫びが漏れました。




エラを切って、ストリンガーにつなぎ(用心して2本掛け!)、余韻に浸りつつ休憩です。




10分ほどしてアキラ氏登場。







実はこの頃、アキラ氏は堤防から少し離れたゴロタでロッドを振っていたらしく、ふと堤防の方を見ると魚をぶら下げたボクが見えたのでこちらに来てくれたらしい。





ことの顛末を話し、まだ終わっていない朝マズメを信じて2人でロッドを振りますが、特に反応はなく。。。






日も出てきたので、写真撮影をお願いしました。










どーん!







素晴らしい!!!!






俺素晴らしい!!!!!





この後少しロッドを振ると、








25cmくらいのツバス(九州ではヤズと呼ぶ)

リリースしたけど、虫がいるかは確認しておけばよかった。


そして7:00に満足の納竿。




82cmの魚はボクのクーラー(22L)には入らないので、3枚に下ろして、残骸は海に還して。
捌いてしまえばいいので、デカいクーラーはいらないですね。


食べ物入れる容量がもう少し欲しいところではありますが。
30Lあればいいかな。


ゆったりしつつ、帰りの船を待ちます。

夜あまり眠れなかったのか、待合所で爆睡するアキラ氏。



プライバシー保護の為に目線入れときましたw






また来ます!

次は真鯛釣るぞ!!



~タックル紹介~

■ロッド
by カエレバ


■リール

by カエレバ


■ライン
by カエレバ


■スペーサー
by カエレバ


■リーダー
by カエレバ


■ヒラマサヒットルアー
--- スポンサードリンク ---

2 件のコメント:

  1. 2日目良い締めくくりになって良かったね!
    まさかの本命登場でビックリしたけどタイミング合えば
    また良い釣り出来るかもね!

    キャンプに釣りにホント楽しい時間やったよ!

    返信削除
    返信
    1. To アキラ氏

      まいどです!

      いやー、この1本釣れてなかったら今週末1人でリベンジで行ってたかもですw真鯛狙いにw

      いや、真鯛は普通に狙いたいがw


      長崎には縁もゆかりもないのですが、昨年の伊王島での初キロアオリや、今回の初ヒラマサと、かなりいい思いさせてもらってます。


      いろんな釣りして、釣り以外にもいろんなことして、しっかり楽しみたい

      そう思えるいい島でしたね。猫の行儀もいいしw


      またいきましょう!

      削除