2016年10月10日月曜日

超絶サラシの東松浦地磯でヒラマサ狙い釣行



まあ今日も安定の寝坊ですわ。

6時過ぎ自宅発。
8時現地着。

朝マズメの痕跡もなし。

まあとりあえずやってみましょうかってことで。




◆実釣日時
2016/10/9(日) 08:00-11:00

◆釣行場所
東松浦のとある地磯

◆潮周り
小潮
08:18 干潮

◆水温
22℃

◆ベイト状況
目視できず

◆風
北から5~6m/s

◆持ち込みタックル(ショアキャスティング)
Rod:SHIMANO COLTSNIPER XTUNE S1006H/PS
Reel: SHIMANO STELLA SW 8000HG
Line: SHIMANO OCEA EX8 PE 4号 300m
Spacer:DUEL HARDCORE X8 8号 6ヒロ
Leader:よつあみ ナイロン  100lb 4ヒロ
Lure:~120gの青物プラグ/ジグ
Target:青物


ところが。



予想はしていましたが、結構なうねり。めっちゃサラシとる・・・

いやしかし、サラシの中にヒラマサがいるというケースもある、というのはSHIMANO TV(YouTube)で実証済みではないか。




↑19:10あたりで、サラシの中のヒラスズキ狙いの松岡豪之氏がヒラマサ掛けてますw

そんなわけで、沖の根のサラシの中をプラグ通したいな、と。

んでも風強すぎて飛ばない・・・。

しかも今日は剛青物タックルのみ。
かっ飛び棒は持ってきてるけど、このタックルでの飛距離は望めない・・・。
(ああ、ディアルーナもってくればよかったなあ、とここで後悔)

そんなわけでダイペンとメタルジグと60gシンキングペンシルの選択肢しかなくなってしまったわけですが、強烈な向かい風で全然飛ばない。

唯一根回りまで届くのがメタルジグ100g。
ただ、ジグの動きにはヒラスズキは反応しないのか、そもそもいないのか、無反応。。。





しかもこれもんで



これもん。

足取られるほどの波の高さではないけど、普通に膝下くらいまでセットの波が来るのと、波しぶきを頭からザッパン被ってもう全身びしょ濡れ。



しかも着替え持ってきてないというw

8割やけくそですわw

こんなけやって釣れんのも辛いからって2時間ほど頑張ってみたけど、まったく反応なし。
これ以上ここでやっても辛いだけやろうと、普段はやらないことをやっておこうと付近の調査に行くことに。



うっひょー。チンさむ。

歩き回った結果、ちょっとうねりはあるけど、波被らないポイントを発見。

水深は、遠投して10mちょいか。

朝イチの岬ポイントは20m近く水深や生え根が点在していることも考えるとちょっとインパクトには欠けるけど、そもそも釣りが成立しない岬ポイントよりはずいぶんいい。


とはいえ、うねりでダイペン操作がほぼ不可能だったので80gのメタルジグで層を刻んで探っていくと・・・





ゴン!!





うおりゃーーーーー!!!
きおたああああああああああ!!!!




渾身のアワセを叩き込み、慎重に寄せて・・・













おお。




東松浦のヒラマサってこんなやねんな。



マジ茶色い。



マジふさふさ。




というネタを考えて、アホらしくなって帰宅w





リベンジ必要ですわ。
--- スポンサードリンク ---

0 件のコメント:

コメントを投稿