2017年5月27日土曜日

七山・三瀬で103km 2,400m upな土曜日



今日は山錬。

起床 7:00

4:30に起きるつもりやったんやけど。
この為に前日早めに寝るつもりやったんやけど。
その為に前日早めに帰るつもりやったんやけど。
やること終わらず早めに帰れず。23:00に帰宅して選択とかして就寝が1:30やったから、まあ4:30起きは辛いな。







出発 8:00

平坦で200kmくらい走るか―、と思ってたけども、雷山(山コース)へ向かうか平戸(平坦コース)へ向かうかの交差点で咄嗟に雷山方面に曲がってしまう。

山成分を身体が欲してたと。たぶんそういうこと。

時間的に200kmはちょっと辛そうで、150~180kmくらいになりそう(平戸大橋に到達できない)なので、平坦ロングはまた日を改めて。

前回回った福岡3000おてゃ逆向きなので雷山を福岡側から上ることになるんやけど、これがきつい。



三坂曲がって斜度上がってから雷神社までの約3.5kmの平均勾配が9%。最大は20%。

脚ピクピクしながら雷神社まで上り、そこから更に雷山浮嶽線へ。
なるほどこっち向きは序盤からS級の上りでかなり脚が削られる。



雷神社までは急勾配に汗が噴き出したけど、雷山浮嶽線は大して長くない上りが点々とあるアップダウンで、かつ木陰も多い。

しっかり経口補水液を飲んで電解質を補給し、脱水に気を付ける。



何度来てもこの道の景色はいい。



そういえば昔この道一部分で土砂崩れが起きて道路ふさいでたはず。

で、この部分、以前から不自然やなあ、と思ってたけど、たぶんここで土砂崩れたんやろうね。



白糸まで来ればあと半分くらいか。





波呂展望台も一貴山展望台もスルーして・・・。



極楽展望台。
ひゃっほい。
今日は空気が澄んでてええわー!



七山側に下って、白木峠を越える。



七山を経由し、長野峠に上り始める前に休憩。



この後風でチャリンコこけてディレイラーハンガー曲がった。
強引に直したけど。

長野峠佐賀側を上り、途中から雷山林道へ。



最後に待ち受ける景色がキレイなんよね。

脊振まで行こうかなどうしようかな、と悩んでたけど、ここから見ると背振めっちゃ遠いからやめたw

三瀬下って糸島峠上ってる途中で、ライトがずっとカタカタ言ってるのが気になって見てみたら。



ライト側のマウント部分の皿ネジが緩んでた。

ははは。
こんなこともあろうかと、用意してあるんだよ。



SHIMANO PRO ミニツール ファンクション22がな!ははは!

これしきの皿ネジ、余裕で締め直してやるぜ!



・・・



・・・


・・・





サイズ入りませんでした本当にありがとうございました。

仕方ないので手で締められるだけ締めたらカタカタ言わなくなったのでひとまずこれでOK。




前のクルマが更に前のクルマを煽ってDQN臭がしたので、距離空けておきました。

さて、もう少し時間があるので、日向峠も逝っちゃおう。

ここまでペースで走ってるし、日向峠はミッションを課そう。




Mission:日向峠(周船寺側)アウタートップ(53×11)で上れ!!!

登り口からアウタートップに入れ、ゆっくりと漕ぎ始める。

固定ギアでの走りかたって、いかにハイケイデンス(=ハイスピード)を維持するかが大事。

ケイデンスが下がるとトルクバンドを外してしまい、最悪ケイデンスを維持しきれない可能性がある。

そうなると、トルクバンドまでなんとか踏み直すか、トルクバンドを外した状態でなんとか耐え忍ぶか、そのどちらかができないとケイデンスが下がっていき、最悪脚を付くことになる。

アウタートップ縛りならば脚を付いてしまえばそこでおしまい。

途中まではケイデンスが落ちてもなんとか耐え忍ぶかトルクバンドまで踏み直すことができたけど、最後の斜度上がるところがもうめちゃめちゃきつかった。

ダンシングで全体重を踏み脚に乗せて、引き足も最大限使っても速度がジリジリ落ちていくので、本気で足つくかと思ったが、なんとか持ちこたえた。



もうしばらくやらないw

ちなみにこれ、4年くらいまで相当調子がいいときに何回かやってて、その時と今比べて踏力がどんなもんなのかを知りたくて。

当時ほぼシッティングで上り切った気がするから、ほぼ全区間ダンシングで上った今日の私はまだまだ及ばないってことか。



ダンシングで体重乗せてのペダリングなので、膝はそんなに痛めなかった。

150Wが限界なくらいに踏めなくなって、ヘロヘロになって帰宅。



■4h51m17s 103.66km 2,432m up TSS 348 65.6rpm 133bpm/171bpm 203.9W/576.7W 
--- スポンサードリンク ---