2017年5月18日木曜日

朝夜峠越え通勤とCS-9000



結局昨日はほぼ休息日で通勤は最短経路のみの往復20km。
ちょっと踏んだりなんだりはしたけども、疲労を貯めこむことなく終了。

自宅にてビールを1.5Lほど飲んだ気がするけど、たぶん気のせい。

さて、もう身体は走りたくて仕方ない状態で、明らかに疼いているのが分かる。

そんなわけで往路は日向峠越えを選択。






いきり立つサラブレッドをなだめるように、登り口は39×25で開始。

シッティングでクランク40回転させたら2段ギア上げてダンシング
ダンシングでクランク40回転させたら1段ギア下げてシッティング

という感じで、クランク80回転を1セットにして、セットを繰り返すごとにギアが1段ずつ上がるように上ると、最終的には39×17までギアが上がってた。

最後にクイッと勾配が上がるところでこのギアは結構辛い。ケイデンス50くらいまで落ちてしまった。

20:30に脱社して、帰りも日向峠経由。

麓からギアは気にせずテンポよく踏み続ける。

たぶん39×21くらいかな。

今年はよく上れてるし、Rapha Risingチャレンジするかな、と思って調べてみたら、最近はSTRAVAのイベント設定されてないみたい。

「任意でやってみなよ」

なノリになっているようやけど、検索して引っ掛かった2015年のRapha Risingは9日間で9,000m upらしい。

以前やったときはたしか7,000m upくらいで、

「毎日通勤往復で峠経由したら1日500mは登れるし、2回の週末合わせたら7,000mとか余裕じゃね(平日合計2,500m、4日ある週末で残り4,500m上ればいい)」

なんて思ってたけど、9,000mはちょっと話が変わって来るな・・・。平日合計2,500m稼いでも残り6,500m。毎週末3,000上らないとあかんってことか。

できなくはないけど、雨降ったらアウトかなあ。

とかそんなことを考えながら、帰宅。

■1h59m10s 48.71km 522m up 67.8rpm/103rpm 126bpm/168bpm

別件やけど、SACRAのホイール用にスプロケを調達。

今履いてるICAN 38mmクリンチャーにはアルテグラグレードであるCS-6800を嵌めているのだけども、SACRAにはDURAを、ってことでCS-9000を注文した。



チタンとステンレスとカーボンでできているらしい。

CS-7900ってカーボンは使われてなかった(気がする)から、7900から9000に対しては結構進化している模様。

対して、CS-R9100はあまり進化がない(売り文句が変わっていない)らしく、ここは性能的には据え置きってことかな、と思い、R9100ではなく9000にしたって感じ。



歯数は11-25。

ロー側28T導入しようかな、とちょっと思ったけど、まあよほど長いヒルクライムじゃない限り39×25で困ることはないので、ロー側25Tと、これまでと同じ構成にした。



こんな感じ。中3枚組のアームがカーボンらしい。



重量175g。

軽い軽い。

6800の11-23で210g程度らしいから、25%近く減量してるのね。すげー。
その分たかいけどね・・・。

これにて、唯一アルテやったスプロケも晴れてデュラになり、フルデュラ化の完了。
ペダルだけ7900なのでこいつも9100にupgradeしたいけど、その前にスプリンタースイッチを設置したいかな。

SACRAホイール到着まであと2~4週間くらい。
リムフラップはいらない(付属している)とSACRA代表に聞いたので、あとはタイヤとチューブを用意するだけ。

タイヤはMichelin パワーコンペティション 25Cにしようかな、と思っている。
チューブは安定のRAIR予定。

この夏がいろいろ楽しみで仕方ない。


by カエレバ


by カエレバ










--- スポンサードリンク ---