2017年5月31日水曜日

新しいレンズ(SIGMA 30mm F2.8 DN)買おうかと思ってる



-http://www.sigma-global.com/jp/lenses/cas/product/art/a_30_28/

Artラインとして生まれ変わったこのレンズの描写が非常にいいらしい・・・。

チャリンコと並行してカメラという趣味を持っている私は、ライド中にさまざまな写真を撮ることも楽しんでいる。

いや。

来年から復帰しようと思っているレースよりも、
「景色を楽しみ、写真を楽しむライド」
の比重の方が大きいと思っている。

勝った負けたもいいけども、自転車の楽しさってそれだけじゃないよね。

今回はライド用のカメラに付けるレンズラインナップを強化したいって話。


そもそも、

・気合いを入れての撮影(非ライド中)はSONY α99
・普段のスナップはSONY DSC-RX100
・ライド中の写真はNEX-5R

という風に3つのカメラを使い分けている。

また、NEX-5R用のレンズとして、
という3本を運用している。

標準ズームSEL1650はちょっと図体が大きいのでライドには使わず、SEL16F28もしくはSEL20F28を付けて走ることが多い。

場面によっては、もっと画角を絞って、二次元的に圧縮された写真を撮りたいなあ、なんて思うこともある。

そんな時に、16mmや20mmじゃちょっと画角が広すぎるんですなあ。

人間の視野角に近いとされている、フルサイズ換算45mmや50mmのレンズも持っておきたい。

そんなわけでいろいろと物色していると、私好みの超シャープな描写で、しかも破格のレンズとして有名になっているのが今回のSIGMA Art 30mm F2.8 DNである。

価格.comのレビューを見ても、そのシャープさがうかがえる。カリッカリのシャープネス。素晴らしい。

買うか。買っちゃおうか。








--- スポンサードリンク ---